製品情報

アンカー「ヌッキー」引抜工法

コンクリートに埋込まれたアンカーを「ヌッキー」引抜工具で
簡単に抜取る工法


仮止めで埋込まれたアンカーをそのまま放置 すると、サビで構造物の外壁を汚したり、しい ては躯体のコンクリートにひび割れを発生さ せる原因になります。これまでの、こうした難 問を一挙に解決した独特の工法です。 
特徴
  • ロッド推進力の反作用を利用して、アンカー本体とコーンを切離していく工法で、力をかけないで簡単にアンカーを引抜くことができる。
  • アンカー本体のネジが打設の際、変形していても、力をかけることなく引抜ける。
  • アンカーを抜取るとき、ハツってコンクリートを破損する心配がない。
用途
  • ダイヤコアドリル、ウォールソー、ワイヤソーなど、機械止めアンカーの抜取り。※ダイヤコア(W3/8.W1/2)※ウオルソー、ワイヤソー(M12.M16)
  • 仮設用足場アンカーの抜取り。(W1/2.M12.M16.M20.M22)
  • その他、不必要となったアンカーの抜取り。
コンクリートの劣化防止のための「ヌッキー」引抜き工法について

 仮設工事等に使用し、その後不要になったアンカーをコンクリート躯体中にそのままに放置しておくと、アンカーとコンクリートとの境界部分あるいは雄ネジの場合にはアンカーそのものから雨水が浸入し、アンカーを腐蝕膨張させて、躯体コンクリートにひび割れを発生させます。
 また、同様の理屈から、躯体コンクリートの中性化による劣化を同時に促進し、躯体コンクリート中の鉄筋を腐蝕膨張させます。
 さらに、躯体コンクリートからのアンカーの突出部分を切断しても、アンカー切断面にはメッキが施されていないので、上記の現象は促進されます。
 これらの悪循環によって、アンカーを施工した部分のコンクリートの劣化は一層激しくなり、美感が著しく悪化するなど、コンクリート母材の耐久性に著しい悪影響を与えます。
 これらを防止するには、不要になったアンカーを撤去し、その箇所の跡(孔)にはモルタルまたはセメントミルクを注入するなどして、できるだけアンカー施工前の状態に戻してやることが最も良い方法です。
 本工法は、不要になったアンカーを簡単に撤去することを可能とした工法で、アンカーを撤去した跡(孔)は上記の入材などを用いて充填すれば、躯体コンクリートの耐久性(コンクリートの中性化・鉄筋の腐蝕)をアンカー施工前の状態にまで高めることができます。
(株)新潟建築確認検査機構
代表取締役会長 川瀬清孝(前・新潟大学教授 工博)
社団法人 日本建設あと施工アンカー協会審議委員

  • 1.躯体に埋込まれたカットアンカー(本体打込み式)のめねじに、「スリーブ本体」をねじ込みます。
  • 2.その上から、スリーブに挿入する「ロッド」を、アンカー底部のコーンに到達するまで回転させます。次にロッド上部の六角頭をスパナ掛けすることによって、ロッド推進力の反作用でコーンを押さえつけ、カットアンカー本体とコーンを切離します。
  • 3.カットアンカー本体は、引抜きハンドルを両手で左右に揺さ ぶりながら躯体から引上げます。 
  • 4.躯体の穴に残されたコーン は「専用抜取りホルダー」ではさみ取り、あとはブラシで穴中を清掃、モルタル、エポキシ樹脂 などを埋込み補修して完了です。